So-net無料ブログ作成
検索選択

<卒業危機>生活福祉資金貸し付け、総額2億5576万円に(毎日新聞)

 生活困窮で授業料を滞納し、高校を卒業できない「卒業クライシス(危機)」への緊急対策として、2〜3月に実施された生活福祉資金の貸し付けが、全国で1033件、総額2億5576万円に上ることが厚生労働省のまとめで分かった。学費や子どもの貧困に取り組む団体は「年度末ぎりぎりで多くの生徒たちが救われた」と評価する一方、恒久的な制度の創設を求めている。

 都道府県別の件数では青森県が最も多く146件、次いで東京都の107件。一方、佐賀県はゼロと、ばらつきが大きかった。厚労省は今年度から高校授業料の無償化が始まったため、制度の継続は考えていないという。

 「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワークの三輪ほう子共同代表は「高校生を救ったことは評価するが、子の借金となるため返済問題は残る」と指摘。全国私立学校教職員組合連合の永島民男書記長は「私立高校は負担が残り今後も学費滞納の問題は続く。恒久的な制度を検討してほしい」と訴えている。

【関連ニュース
中退:私立高生、大きく改善 緊急貸し付け効果
私立高校生:中退率半減0.09%に−−09年度
高校無償化:千葉市立高授業料、交付金1630万円不足 市、国に要求へ /千葉

「久々に会い不愉快」傷害容疑で少年2人を逮捕 日高(産経新聞)
<みんなの党>パラリンピック金メダリスト擁立 参院選静岡(毎日新聞)
<人事>新広社(27日)(毎日新聞)
<強盗>女性店員縛りマックから30万円奪う 静岡・掛川(毎日新聞)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)

将棋 3連覇の羽生名人「山あり谷ありの勝負でした」(毎日新聞)

 第68期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)をストレート勝ちで制し、3連覇を達成した羽生善治名人(39)は20日朝、福岡市内のホテルで「名人戦が終わり、気分的にも日程的にも楽になりました。新しい年度は始まったばかり。これをきっかけに、1年間フルに頑張っていきたいですね」と喜びを語った。

 第4局(九州電力協力)で三浦弘行八段(36)を降した後の19日夜は、記者会見や打ち上げがあり、床についたのは20日午前2時。「山あり谷ありの勝負で、疲れていたのでしょう。すぐに眠れました」。午前7時ごろ起床し、自宅に電話したという。「妻に『終わったよ』と伝えると、『おめでとう』と言ってくれました」と笑顔を見せた。【金沢盛栄】

【関連ニュース
<関連記事>将棋:「勢いの3連覇」から14年 羽生、円熟の栄冠
<関連記事>将棋:羽生名人3連覇 三浦八段に4連勝 名人戦第4局
<関連記事>将棋:力戦模様の展開に 名人戦第4局
<関連記事>将棋:羽生、3連覇へ王手…名人戦・第3局

「1億円金塊」泣く泣く返還…レンタル料高くなり(読売新聞)
普天間未決着でも首相は続投を=民主・細野氏(時事通信)
村井長野知事 1期限りで引退表明…田中康夫氏破り初当選(毎日新聞)
普天間で知事会議、訓練分散など期待…沖縄知事(読売新聞)
静まる大阪 音楽コンサート“流出” 大ホール閉館・休館で(産経新聞)

【風】「女の生き方」海外は?(産経新聞)

 「女の生き方」をめぐる議論、海外で暮らす女性たちは、どう考えているのだろうか−。

 秋田出身でカナダに住む既婚女性(35)は、今年2月に第1子を出産。仕事をしながら夜間大学にも通うキャリアアップ志向の“カツマー派”で、年齢を考えて出産したが、早くも仕事復帰を考えているという。

 《育児をしつつ仕事が続けられるような場所だったら、秋田にいたかもしれません》。女性が海外に移住した経緯までは記されていなかったが、自身を取り巻く環境の違いに、故郷にはない魅力を感じたのかもしれない。

 一方、米国在住の自営業の女性(45)から届いたメールには、《カツマープロセスを通った後に残ったのはカヤマー的な結論で、その後、幸福になれました》とつづられていた。

 30代前半まで寝る暇もないほど働いていたというこの女性。出産後、「キャリアのためにすべてを犠牲にする」という人生観が大きく変化したという。自分のペースで仕事と子育てをしている今は、人生はなるようにしかならない−という“カヤマー派”に共感。「どちらも経験して今の幸せがある」という主張にはなかなか説得力がある。

 「日本人以外の女性にも“カツマー”“カヤマー”的な志向はあるのだろうか?」と疑問に思っていたところ、国内の大学で英文学を教えているという50代の女性から、《ヨーロッパの友人たちは「結婚」などにまったくとらわれることなく、自分の人生を歩んでいます》というお便りが届いた。

 日本と海外を行き来する生活をしているといい、《日本社会にある「勝ち組」「負け組」「おひとりさま」などの言葉は不愉快。自分の生き方さえしっかりとしていれば卑屈になることなどまったくない》と言い切る。筆者も、背筋が伸びる思いがした。

 日本でも、海外でも、女性の本質的な悩みは同じ。大切なのは「自分自身をよく見つめる」ということなのかもしれない。(奈)

「富士ソフト」元社員を背任で逮捕 社名でPC仕入れ転売(産経新聞)
YOU THE ROCK★に実刑判決 大麻所持事件(産経新聞)
百万円不正請求で訪問介護事業所指定取り消し―奈良(医療介護CBニュース)
6カ国協議の早期再開は困難 岡田外相が指摘(産経新聞)
米が徳之島移転に難色=首相、地元と協議継続へ−普天間(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。