So-net無料ブログ作成
検索選択

<卒業危機>生活福祉資金貸し付け、総額2億5576万円に(毎日新聞)

 生活困窮で授業料を滞納し、高校を卒業できない「卒業クライシス(危機)」への緊急対策として、2〜3月に実施された生活福祉資金の貸し付けが、全国で1033件、総額2億5576万円に上ることが厚生労働省のまとめで分かった。学費や子どもの貧困に取り組む団体は「年度末ぎりぎりで多くの生徒たちが救われた」と評価する一方、恒久的な制度の創設を求めている。

 都道府県別の件数では青森県が最も多く146件、次いで東京都の107件。一方、佐賀県はゼロと、ばらつきが大きかった。厚労省は今年度から高校授業料の無償化が始まったため、制度の継続は考えていないという。

 「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワークの三輪ほう子共同代表は「高校生を救ったことは評価するが、子の借金となるため返済問題は残る」と指摘。全国私立学校教職員組合連合の永島民男書記長は「私立高校は負担が残り今後も学費滞納の問題は続く。恒久的な制度を検討してほしい」と訴えている。

【関連ニュース
中退:私立高生、大きく改善 緊急貸し付け効果
私立高校生:中退率半減0.09%に−−09年度
高校無償化:千葉市立高授業料、交付金1630万円不足 市、国に要求へ /千葉

「久々に会い不愉快」傷害容疑で少年2人を逮捕 日高(産経新聞)
<みんなの党>パラリンピック金メダリスト擁立 参院選静岡(毎日新聞)
<人事>新広社(27日)(毎日新聞)
<強盗>女性店員縛りマックから30万円奪う 静岡・掛川(毎日新聞)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。